ブログがおもしろかった方はぜひクリックしてください!

ブログがおもしろかった方はぜひクリックしてください!→ 人気ブログランキングへ

2016年5月6日金曜日

☆ 医局説明会のご案内 ♪

2016年度医局説明会を6月3日(金)18時から行います。
総合診療に興味をお持ちの研修医・学生さんは、ぜひ来てください。院外で活躍されている先生方の話も聞けます。
医局説明会の後、懇親会も予定しています。
問い合わせ先:総合診療部 0952-34-3238

総合診療部 広滝

2015年12月29日火曜日

年末年始のごあいさつ

 早いもので2015年も暮れになってしまいました。今年も大変楽しい一年でした。難しい症例に悩み、いろいろと問題のある時期もありましたが、皆さんの頑張りと努力で乗り切ることができました。相変わらず私が、副病院長を始めとする多くの役職を勤めているため、皆さんには病棟や外来での診療のみならず、教育や研究でも教授の足らないところを補って余りある活躍をしていただきました。今年もここに心より感謝申し上げます。
 今年も興味深く勉強になる症例を数多く経験することができました。その多くをまとめ、論文や学会で発表できたことはとても良いことでした。一つ一つの症例を大切にし、しっかりと検討することは、自分の勉強にも若手の教育にも大変有用です。工並君の指導で研修医が奨励賞を取ったことも嬉しい出来事でした。今後もこの努力をぜひ継続していただきたいと思います。
 富士大和温泉病院内の地域総合診療センターの先生たちもよく頑張っていただきました。4年目が終了しようとしていますが、その成果をアジア家庭医療学会で発表することは大変楽しみです。来年は嬉野医療センターに新しいセンターもできます。このシステムも発展させていきたいと考えています。
 研究面では、藤原君、多胡君、古川尚子君、内藤君の研究論文が見事掲載されました。それぞれこれから学位審査に挑戦です。それなりの苦労も予測されますが、頑張って見事博士になられることを願います。国内の学会発表は、例年通りプライマリ・ケア学会、日本内科学会、日本病院総合診療学会にきちんと発表できました。国外の学会は来年のフロリダのSGIMに4演題投稿中です。スリランカのアジアWONCAは2演題投稿中で、結果を待っていますが、採択は確実だと信じています。一年遅れとなった百武医局長の海外デビューも楽しみです。同門会も盛り上がりました。今年は佐賀の総合診療部出身で医学教育の教授になられた小田先生に講演をしていただきました。2年連続で教室出身の教授に講演していただくことは、教室員として誠に誇らしい限りです。医局員のみなさんは今年もよく頑張ってくれたと思います。皆さんのおかげで、心配していた入局もお一人ではありますが決定しました。今年も良い年でした。忙しさにかまけて教室を振り返らない教授で本当に申し訳ありません。皆さんのおかげで良い年を締めくくることができました。本当にありがとうございました。来年もよろしくお願いします。

総合診療部  山下 秀一

2015年12月4日金曜日

2015年総合診療部忘年会


早いもので今年も12月に入り、残すところ1か月足らずとなりました。12月2日(火)に総合診療部忘年会を行いました。

















まず、総合診療部 山下教授のあいさつがあり、

織田病院 西山先生の乾杯のご発声の後、宴会

が始まりました。














おいしいお料理にお酒も進み、あちらこちらで話の花が咲いていました。




最後に江村先生の締めの挨拶の後、万歳三唱を行い、総合診療部の忘年会は、終わりました。

☆ 来年も幸多き年になりますように!!(*^_^*)



広滝

2015年6月11日木曜日

☆ 医局説明会のご案内 ♪


2015年度医局説明会を7月3日(金)18時から行います。
総合診療に興味のある研修医・学生さんは、ぜひ覘きに来てください。医局説明会の後、懇親会も予定しています。
問い合わせ先:総合診療部 0952-34-3238
総合診療部 広滝

2015年1月1日木曜日

年末年始のごあいさつ


 私の佐賀大学総合診療部での3年目が終了しました。今年も興味深い症例や難しい症例が多く、苦労をする事も多かったけれど勉強にもなり楽しい一年でした。在院日数は約10日にまで縮まったため、日々の入院患者数は少なかったものの回転が早く、サマリーやDPCなどの事務仕事でも苦労をした事と思います。私が診療記録センター長も兼任しているので厳しい事も言いましたが、サマリーの2週間以内の完成率が95%以上であった事は一応合格と言えると思います。研修医や学生の教育にも大変頑張ってくれたと思います。卒後臨床研修センター長の立場からも感謝したいと思います。富士大和温泉病院内の地域総合診療センターは、高齢者医療の研修場所や大学病院の後方ベッドの役割に加え重症の頭蓋内感染症などの疾患にも対応するなど、2次病院としての役割をきちんと果たしてくれました。
 研究面では、今年の学位取得には間に合わなかったものの、福森君の論文が採用されました。来年には学位取得になります。また、藤原君の論文は、投稿後マイナーな変更を求められている状態です。さらには多胡君と江口尚子君の論文も投稿直前です。来年は学位取得の報告がいくつもできそうです。昨年予告していた症例報告は、徳島緑君の英文が2報、徳島圭宜君の英文も1報掲載されました。他にも江口仁君が研究論文、症例報告共に英文で、多胡君、相原君、朝長君が日本語で執筆中です。3年目にして皆さんに論文を書く事への意欲がはっきりと見えてきた事は本当にうれしい事です。百武医局長が見事に科研費を獲得した事も研究面でのうれしいニュースでした。総説については、昨年予告していた、山下が編集した「診断と治療」という雑誌の救急に関する特集号が出版されました。吉岡経明君と多胡雅毅君にも書いてもらいました。大変良い出来になったと自負しています。  
 国内の学会発表は、今年からプライマリ・ケア学会、日本内科学会に加え、日本病院総合診療学会にも力を入れ始めました。今年は総会に、プライマリ・ケア学会以上の4演題を採択されました。学会の内容を考えると、プライマリ・ケア学会から日本病院総合診療学会に軸足を移す事になりそうです。また、今年もアメリカの総合診療学会で発表しました。サンディエゴはとても良いところで、大変楽しい学会でした。きたはたの大野先生と内藤君のInterest groupでのoralも含めて合計6演題をアメリカで発表した事は立派の一言です。個人的には症例検討会で診断を当てて大きな拍手をされた事は思い出になりました。一緒にいた多胡君、内藤君、相原君もみんな診断をわかっていたのですが。来年はトロントのSGIMに加えて、イスタンブールのWONCAにも挑戦します。百武医局長の海外デビューも楽しみです。
 今年の同門会も盛り上がりました。富山大学の山城清二教授に講演をお願いしました。教室出身の教授の講演を聞く事は、皆さんの刺激になるようです。来年は総合診療部の前身とも言える一般内科講座出身である弘前大学総合診療部教授の加藤博之先生に講演をお願いします。今年は佐賀の総合診療部出身の小田先生が医学教育の教授に決定するといううれしいニュースもありました。歴史的に教授を輩出してきた総合診療部は日本でも他にはほとんど存在しないと思います。忘年会も盛り上がり、大変楽しい時間を過ごすことができました。
 毎年繰り返しますが、医局員のみなさんは今年もよく頑張ってくれたと思います。本当に良い年でした。皆さんのような仲間と一緒に働ける事に心から感謝しています。今年の入局も2名の予定です。新しい人たちの教育にもしっかりと取り組んで行きましょう。それぞれの研究テーマも徐々に決まってきていますので、しっかりと発展させて行きましょう。みなさん今年も本当にありがとうございました。来年もよろしくお願いします。
総合診療部  山下 秀一

2014年9月17日水曜日

吉岡先生送別会



9月12日に吉岡先生の送別会を行いました。

佐賀医科大学時代から数えて通算10年余り佐賀大学医学部附属病院総合診療部に在籍し、地域の病院で4年ほど研鑽されてこれらました。


山下教授より送る言葉
 医学教育にも力を入れられていて、総合診療部実習の担当もされていました。

優しい先生ですが時には厳しく⁉熱心に学生さんを指導されていました。

なぜオレンジのTシャツを着られているかは、faebookで!

 
最後に、江村先生から吉岡先生の思い出を語っていただきました。


総合診療部から一旦離れられますが、お体に気を付けて、ますますご活躍されますことを祈念いたします。



お酒を飲まれない吉岡先生も2次会に参加していただきました。
10年ぶりぐらいの2次会だそうです。
もちろんノンアルコールです。


総合診療部 広滝

2014年6月26日木曜日

総合診療部同門会報告

  6月21日(土)に総合診療部の同門会を行いました。


初めに同門会総会を行い、会長の吉原幸治郎先生が挨拶、会計報告を行いました。






富山大学附属病院総合診療部 教授 山城先生の講演が行われました。沢山の方に参加していただきました。 

続いて、懇親会では、総合診療部 教授山下先生が挨拶を行い、乾杯で、にぎやかに懇親会が始まりました。



***************************************************

来年もまた、たくさんの方に参加していただきたいと思います。

6月第3土曜日を予定しています。




総合診療部 広滝